2010年04月16日

犬と猫と人間と

今朝は いつもより1時間早く起きて
朝の用意も お散歩も 1時間早く終わった
仕事に行く用意も整っていたのに
なぜか 休みたくなった。

急ぎの仕事が無い事は 分かっていたので
臨時休暇を取ることにした。

自分で 仕事を休んだ理由が分からないまま
パソコンを立ち上げて
GAIAママさんのブログを見た。

そこには 映画「犬と猫と人間と」のことが 書かれてあった。

映画のHPを見て、上映している劇場を探すと
うちから 車で5分ほどの所にある映画館で
9時50分から上映 となっていた。

時計を見ると 9時30分
今、行けば 間に合う!
きっと、今日 臨時休暇にしたのは この映画を観るためだ〜
などと 都合のいいように解釈して 映画館に向かった。


映画は ドキュメンタリータッチで描かれていて
悲しいだけの映画じゃないので
ぜひ、皆さんにも 観て頂きたいと思います。
そして、GAIAママさんが仰るように
小学校や中学校での上映がなされることを 強く望みます。



我が家にいる 猫のミューは 
雨の降る 寒い日に 息子が 拾ってきた猫だ。
息子に
「このままじゃ 死んじゃう」と言われたら
「捨ててきなさい」とも言えず
「絶対に 一晩だけだからね!」と言って 家に置いた。

次の日 ご近所の猫好きのおばさんの家に
飼ってもらえるように 頼みに行ったが 逆に
「うちには 他の子(猫)がいて 飼えないから
 お願いだから 飼ってあげて」と 頼まれてしまい

それ以来、居候のように 我が家に住みついた。
そう、きっと ミューにとっては ここが我が家というより
ちょっと 居候させてもらってるニャ って感じだろうと思う(笑)



Spaと散歩をしていると
ワンワン吠える小型犬に出会うことがある。
そういう飼い主に限って 鳴けば 抱き上げてヨシヨシって・・・アチャ

そういう飼い主さんから
「お宅の犬(Spa)は 吠えないですねぇ」って言われるけれど
Spaだって 吠える。
吠えるけれど 「やめろ」と言われれば 鳴き止むだけのこと。

一時期は 
「吠えていない時を褒めてあげて・・・」などと
レクチャーしていた時期もあったけど
次に会った時には また 吠えれば抱き上げる姿を見ると
そんなレクチャーも無駄だと思えてきて
知らん顔をして 通り過ぎてあげる・・・ようになってしまった。

今日、映画を観て・・・

今度 会った時には もう一度
「こんにちは〜」って 声を掛けてみようと思った。


殺処分される犬、猫を減らそう!と 声を上げるより
犬や猫と暮らすことが どれほど幸せなことかを 伝えることが
私に出来る 啓蒙運動だと思うからだ。



ニックネーム Spaママ at 21:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「犬と猫と人間と」は見てませんが、スパママの文章を読んで泣きそうになりました。
一度、映画を見てみますと、言いたいところですが、タイトルからして絶対泣けるので、やめときます。 今度会えたら、内容をちょっとだけ聞かせてくださいね。
Posted by はなまま at 2010年04月16日 23:18
観てこられたのですね〜♪
お涙頂戴を狙っている商業映画とは全く違って、
見終わった後は、逆に、少し晴れ晴れとしたような気持ちになりますから
はなままさん、確かめに是非一度観に行ってください◎

Spaママのお言葉の啓蒙活動!
そのとおりですよね。
まだまだ、日本では犬や猫と共に暮らす歴史が浅く、
犬猫に対する意識が遅れている‥強く思いました。
遅れているなら、前に進んでいけばいいとも☆

欧米の保護施設の犬舎には暖かい敷物とおもちゃが必ずあるのに
日本の施設は冷たいコンクリートに床、、おもちゃの発想は皆無、でしたもんね。

捨て猫を見たら知らん振りできないお兄ちゃん、、
困っちゃうけど、なんか嬉しいですよね。
Posted by GAIAママ at 2010年04月17日 00:24
映画はなまましゃん
 この映画、泣かされる映画じゃなくて
 勇気をもらえるような映画ですよ^^
 のだめも見なきゃ!だけど(笑) この映画も 多くの人に観てもらいたいです。

 はなまましゃんも 小鳥を保護したり、はなちゃんも・・・
 自然や動物を とても愛されていて
 真似できないほど えらいなぁ〜って思ってマス。
Posted by Spaママ at 2010年04月17日 07:11
映画GAIAママさん
 思いきって 観に行って良かったです!
 いい情報をありがとございました。
 泣かせようとする類の映画じゃなくて
 勇気や、元気や、これから!って気持ちになりますねぇ。
  施設の人が
 「動物が好きな人の手で・・・」と 仰っていたのが印象的でした。
 きっと、命として 大切に扱ってくれているだろうと思いました。

 ペット大国が ペット天国になるには
 まだまだ時間がかかるでしょうけど
 次に生れてくる犬、猫たちが
 「日本に生まれてきて 良かったワン・ニャン」
 って 言ってもらえるようにしなきゃね^^

 まずは、啓蒙運動に 伊豆まで行ってきや〜す(笑)
Posted by Spaママ at 2010年04月17日 07:18
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2039282
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック