2009年02月27日

次に進むために・・・

毎日という 一日が 流れてゆき
楽しいことも 笑うことも 怒ることもあるけれど
どうしても ここを通らないと 次に進めない気がして・・・

先日、仲良しのお友達のLabちゃんが 亡くなりました。
3月で14歳でした。

IMG_4044-1.jpg

いつも微笑んでいる とっても優しい子でした。
Spaとは 年が離れていたから 一緒に遊ぶってことはなかったですけど
やわらか〜な雰囲気が 私は 大好きでした。
ほんとに、ほんとに、いい子でした。





友人は 一生懸命に老犬介護をしてあげていました。
後ろ足が立たなくなっても 補助をして お散歩に連れ出し
排便のコントロールが出来なくなっても 汚いとも言わず
ひと口でも 食べてくれたら喜んで
一日でも 長く 一緒にいられるようにと 努めていました。

それなのに 最期の時に 立ち会うことができませんでした。

ほんの2時間ほど 外出した間に・・・


最期の時に 傍にいてあげられなかったと悔やむ友人を見て
慰めの言葉もかけられないほど かわいそうでした。

それからというもの
以前から ずっと 頭の片隅にあった言葉が消えなくなりました。



    「安楽死」




もし、これ以上はどうしようもできない状態になったら
「安楽死」も 選択肢のひとつではないか・・・ということ。

もちろん、1分1秒でも長く 一緒にいたいし
その命を絶つ選択なんて できるとは思えないけれど
それでも
選択肢のひとつとして・・・考えておいてもいいのではないか。。。と


ある友人は 
愛犬が癌に侵され 尻尾を切られ それでも苦しむ姿を見て
家族の見守る中での 安楽死を選択しました。

聞いたときは辛かったけれど それもありだなぁと 思えます。

ある友人は
苦しむ愛犬に 1分1秒でも長く生きて欲しいと望んだことは
自分のエゴだったのかもしれないと 言いました。


もう20年も前の話ですが
我が家で飼っていたヨーキーは 老犬になり 徘徊が始まり
ちょっと油断していた隙に 庭から外へ出て行き 戻ってこなくなりました。
見つけた時は 池に・・・浮いていました。
きっと、排水溝に落ち、そのまま進んで 池に出てしまったのだろうと思います。

もし、あの時・・と思うと
できるか、できないかは 今は 言えないけれど
家族の見守る中 静かな永遠の眠りを・・・それもあり なのかもしれないと思います。


そんな日が来ないことを願うばかりですが
いつかは かならず やってくるのです・・よ・・・ね。


1分1秒でも長く・・・

ニックネーム Spaママ at 20:33| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ROROが8才に、成った途端に、すごーく不安を感じています
もう8才、後何年わたしの相手をしてくれるのか不安で不安で、安楽死も選択のひとつだと思いますが、ボロボロに
なっても自然が望ましい自分が同じ立場なときに、それが
希望だからかも知れませんが、この考えがエゴかもしれませんが、昨年お知り合いのコーギー子が亡くなったんですが
病院で、すごく辛そうな姿を見て、もういいよ、もういいよって声を掛けたら、そのまま、すーと楽に永眠したそうです
最初、聞いた時は、なんでもっと励まさんかったんと
思いましたが、安楽死を使わずにすんだのが救いかも

だからこそレッスンを含めたライフスタイルをエンジョイ
できればと・・・

時々、耳にするんですが上の子が亡くなったら寂しいから
もう1匹、迎えた方がいいよって、それだけなら
それこそエゴですよねROROも望んでないと思うし
スパママさんは、どうですか
Posted by roroぱぱ at 2009年02月28日 00:03
うちは相棒が分離不安のため入院が出来ません
おうちで介護できるならまだしも入院が必要な病気になったときはワタシの膝の上での安楽死を選択しようと思っています
たとえば癌になって余命が少なくなったら苦しむようであれば選択肢の一つとして考えてもいいんじゃないんでしょうか
案外安らかな眠るような顔でお別れするかも知れません

今まで馬の安楽死は見てきました
安楽死を選択せず苦しそうに生きてる馬も見ました
どちらも飼い主のエゴである事に変わりはありません
Posted by ゆずママ at 2009年02月28日 20:04
虹roroパパさん
 1歳のお誕生日はすごく嬉しくて
 3歳のお誕生日は待ち遠しかった
 いま、5歳の誕生日を迎えようとしてるけど・・・
 誕生日ごとに 一緒に居られる時間が減っていくようなイメージがしています。

 もう1頭を迎えることは悪いことだとは思いません。
 それぞれのライフスタイルに合っていれば(可能ならば)
 新しい子を迎えてもいいのではないでしょうか?
 
 私がそれをしていないのは
 今はその時期だと感じていないからです。

 ROROくんとのワンコライフを楽しんでくださいね手(チョキ)
Posted by Spaママ at 2009年02月28日 22:18
虹ゆずママさん
 選択肢のひとつとして考えてもいいのでは・・・と思うだけで
 いざ、その時になったら、それを選べるかどうかは 分からないんですよ。
 ただ、そういう道もあることを意識しておくことは
 何かのときの、気持ちのツエくらいにはなるんじゃないか?と思ってます。

 Spaも 私じゃなければダメな子なので
 入院というストレスを考えると・・・

 そんな日が ずっとずっと先であることを願うばかりですねぇ。
Posted by Spaママ at 2009年02月28日 22:24
突然 失礼いたします!スパちゃんのママさんとは FOBYのランで初めてお会いしたのは スパちゃんが11ヶ月で(随分昔ですねふらふら ママさんが留守中にスパちゃんがカセットテープ?をママさんが帰宅したら飲み込んでいた?と言って困っていられた時だったように思います。それで愛護センターのしつけ教室にいかれては、?と言った様な?顔(ペロッ)2頭のクリーム色(ソフィー)とゴールデン色(ララ)のゴールデンを連れていた私です。それから数回 トイプーのママもご一緒の時に河原でお会いしました犬(笑)覚えていらっしゃらないでしょうね〜犬(泣)
携帯のメールアドレス交換したのにフェードアウトになってしまいまた。。&#63915
;私のアドレスは変わっていませんので&#90007
;今まで 読み逃げをしていてごめんなさいね顔(泣)
安楽死の事ですが 私が25年程前に飼っていたシェルティーが14歳まで生きてくれていましたが 最後の半年間は 腎不全でオシッコが出ず 毎日14キロの(当時は車の免許がなくて)コを抱っこして 病院に連れて行って処置をしてもらいましたが ある日 先生が「チャッピー君は すごく頑張りました!お母さん、チャッピー君を楽にしてあげてはいかがですか?」と言われ あの子にもう触れられない。。体を奪われる私に取って辛い選択でしたが良くなる見込みが無いのに 生かせておくのは 私のエゴなんだと思い 先生にお願いしました。す〜っと安らかに目を閉じていくチャッピーを抱きしめながら泣きましたもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)。でも これで良かったんだと 楽にして上げられたんだと言い聞かせ。今でもその時の事は鮮明に覚えています。人間でさえ『死ぬ事」を自分で選択できない世の中ですよね顔(なに〜); 何だかおも〜いお話になってしまいました犬(泣)顔(え〜ん)
でも 安楽死 も究極の選択ですが有りだと私は考えますよもうやだ〜(悲しい顔)
Posted by ラソママ at 2009年03月01日 11:03
それぞれの事情で それぞれがわが子のことを考えて決めること、
何が正しくて何が間違いだなんて言えませんよね。
いつかはやって来る別れを 想像しただけで泣きそうになるけど、
今はいっしょにいられる時間を精一杯大切にしたいと思います。

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして私達は 忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも 明日は誰にも
約束されていないのだということを

愛する人を抱きしめるのは
今日が最後になるかもしれないことを
明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず

ノーマ コネット マレック「最後だとわかっていたなら」より
Posted by モモ母 at 2009年03月01日 14:40
ひらめきラソママさん
 お久しぶりでございます〜〜Hello
 もちろん、覚えてますとも!
 とってもおりこうさんなソフィーちゃんとララちゃんに 感心しまくりでしたもの〜〜
 そして、カセットテープ事件あせあせ(飛び散る汗)
 うわぁ〜〜めっちゃ懐かしいですぅ〜〜わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
 あの時一緒だったトイプーのサスケ&コタロウくんは
 ラソママさんと同じ教室に通ってましたよねぇ。
 あ、川原でもお会いしましたよねぇ〜
 上の方から歩いて来られたって聞いて 驚きましたもの〜
 そうそう、携帯電話ケータイは 私も変わっていません
 またご連絡させて頂きますね〜〜phone to


 チャッピー君のお話を聞かせて頂いて ありがとうございます顔(泣)
 この子に触れることができなくなる・・・その時を自分で選ぶなんて
 本当に辛く悲しい選択なのに、よく決心されましたねぇ。
 どれほど、お辛かっただろうと思います。。。
 だけど、最期のときを一緒に居てあげられたことは、お互いに幸せなことですよねぇ。

 今はまだ、できるかどうか分からないですけど
 苦しみの先に回復が見込めないのなら・・・
 最期の時に傍にいてあげたいと思う気持ちが強いです。
 
 Spaが4歳だから、ソフィーちゃんやララちゃんは もう7歳?8歳?
 まだまだ お元気ですか?
 
 
 
Posted by Spaママ at 2009年03月01日 22:50
虹モモ母さん
 私も、Spaが居なくなったら・・・と思うだけでウルウルしちゃいます。
 お友達のワンコでも こんだけ寂しいのに
 うちの子が・・・と思うと、どうなるんだろう?と思います。


 ご夫婦のことかしら揺れるハートと思いながら 読ませていただきました。
 ほんとに、いつも 仲の良いご夫婦で ステキです。
 ワンコだけじゃなく、夫婦も、家族も、友人も・・・
 大切な人との今を 大事にしたいですねぇ。
 後悔しないように・・・それはムリだろうけど(どんなにしたって後悔はしますもんね)
 
 楽しかった思い出は、思い出す度に辛くなるかもしれないけど
 楽しかった思い出があるから、次に進むことができるんですよ。。。ね。
Posted by Spaママ at 2009年03月01日 23:01
私も選択肢に入れてる一人です。
苦しみと恐怖から解放してあげるのも愛だと思うし、
それを「最後の贈り物」と呼んで、楽にしてあげた友達もいます。

ロクにもその選択肢がありましたが、
鎮静注射で足が崩れていくロクの様子を見て、
「あぁ、こんな風に死んでいくのかな」って想像すると
やっぱり選べませんでした。勇気がなくって。
どの選択も辛いですね。

写真、すごく可愛いです。。。
Posted by 7ねー at 2009年03月02日 00:53
虹7ねーさん
 高齢の犬(笑)猫(笑)がいると 選択肢として考えておくのも お互いのためかなって思いますよねぇ。
 Spaはまだ実感が薄いですけど、
 ミューのことを思うと、外出先で。。。なんてことになるくらいなら
 お兄ちゃんズも一緒に見守る中で・・・と思ったりします。

 注射注射で崩れていくのかぁ・・・辛いですねぇ。
 ミューのフワフワを もう触れなくなるのかぁ・・・辛いぃ顔(泣)


 写真、いいでしょ。
 最後まで優しい笑顔の子でしたもうやだ〜(悲しい顔)
 
Posted by Spaママ at 2009年03月02日 13:21
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1666838
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック