2010年09月29日

膀胱炎・・・その後

旅行前に膀胱炎を患ったSpa
あれから2週間 抗生物質くすりを服用したので
その後の オシッコ検査に 行ってきました。

結果は 良好かわいい
オシッコに関しては 何の問題もありませんでした。

それで、膀胱炎にかかる原因は
体の作り・・・例えば 尿道の長さが短くて 菌が進入しやすい とか
オシッコが全部 出切れなくて 残尿が常に残っている とか
それによって、菌が繁殖しやすい・・・とか
そういうことは 造影剤を投与して 検査することはできるけど
それほど 頻繁に 膀胱炎になっているわけでもないので・・・
犬に負担をかけて調べる段階でもなさそうだ・・・ということ

女の子の場合は 肛門と尿道が近いので 菌が進入しやすい作りではあるけれど
菌が入ったからといって すぐ 感染症を起こすわけではなく
体の抵抗力が落ちていたりすると感染する (他にも原因はあるけれど)
ということは
犬の毛艶、耳垢、息など、、、そういうチェックをしっかりして
犬の健康維持に努める
ということは やっぱり 食事かなぁ〜エサ




とにかく 色んなケースを話し合った結果

現段階では 犬に負担を掛けず 消去法で 膀胱炎の原因をさぐる
という事になりました。

まずは、膀胱の再生の周期は 21日なので
(今は2週間 薬を飲んだ)
あと1週間 (膀胱が完全に再生するまで) 薬を続けてみること

そして、今 オシッコの状態が良いのは お薬を飲んでいるから
・・・という 可能性もあるので
お薬の効果が切れた1ヶ月後くらいに 抜き打ち検査をしてみよう
ということになりました。

それでも異常がなければ
(多分 異常はないだろうと思うけど・・とは 仰ってました)
もう一度 膀胱炎になるまで 様子を見ようということになりました。

膀胱炎になるまで・・・って 変な言い方だけど
もしかしたら、もう ならないかもしれないし
その可能性の方が高いからです。


あ、それと、

粘液については・・・
ホルモン検査等をする段階にあるかどうか?
避妊手術について、手術した病院に問い合わせても
卵巣も子宮も摘出しているのが前提なので 
どこまで情報を得られるかどうか・・・また そういう時期かどうか
などなど

膀胱炎になったから 粘液が出たのか
粘液が出るから 膀胱炎になるのか
その辺りの 因果関係も 分からないので。。。とりあえず 保留
こちらも 注意深く 異常が出ないかチェックし続けていきます。


そんなこんなで 愛するSpaちゃん
今は 毛艶も良いし、体重も安定しているし、関節等の痛みもないし。
とにかく 健康でいて欲しい と願うばかりです。




旅行のブログを開設しました
「Spankyとお出かけ」
コチラ↑をクリックしてもらうと 見れるようになりました。
まだ 旅の途中ですけど 良かったら 見てくださいネ

ニックネーム Spaママ at 20:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする