2010年04月21日

人生の荒波乗り越えて〜

伊豆のお話、続きもあるんですけど

今日は 息子の就職試験 最終面接がありました。

面接会場は 東京
息子(22歳)は 東京に行くのは 初めてです。

試験日に合わせて 出張を組んだSpaパパ(笑)
電車の時刻表から 新幹線の切符まで 全て手配してやって
「帰りも一緒に帰るか?」って 息子に聞いたら
息子「いや、オレ 行きたいとこあるから 次の日に帰るわ」
って言われ
パパ「ほんだら、ホテル予約したろか?」
息子「いや、マンガ喫茶にでも泊まるから ええわ」
って 言われたのにぃ〜

新幹線の中では 
パパ「おこづかいあるんか?」
とまで 聞いてやったそうです(甘いぃ〜〜顔(ぷんっ)
どんだけ 甘いねん〜 オヤジぃ〜顔(笑)


面接試験が終わった息子から 電話携帯電話
「なんで オレなんか 最終試験まで これてんやろぉ?
「まわりは 国公立大ばっかりやでぇ」
「オレは単なる ムードメーカーやなあせあせ(飛び散る汗) 落ちたとおもとって」
って・・・

確かに うちの子は 大阪のアホで有名な 某私立大学やし
リクルートの先生ですら、
「最終面接に残ったのは 奇跡だ」って 言うくらいやしねあせあせ(飛び散る汗)

(確か、大学に合格した時も 高校の先生から
「奇跡が起きた」って 言われてたよね)

面接試験の質問で
面接官「専門的な勉強をしてもらわないといけないが、ついてこれますか?」
って 聞かれたそうで
(なんちゅーー質問やぁ?)
息子「大丈夫!頑張ります」
と 答えたそうですが
試験管「君の筆記試験の成績は 中の中でした」
って 言われたって(爆)

「そんなんで通ると思うかぁ〜〜〜」
って 息子に聞かれたけど
こっちこそ
「そんなんで通るんかぁ?」
って 聞きたいですわん顔(チラッ)


まぁまぁ ダメで もともと
タダで東京に行けたんだから いいやんか〜♪
(交通費は会社負担)

奇跡の男と呼ばれた息子に
三度目の奇跡が起きるとは思えないから
人生の荒波を
ドドーーンと 乗り越えていってチョーダイ

cIMG_8720.jpg

ニックネーム Spaママ at 19:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする