2010年02月22日

お友達の話

IMG_7332.jpg

う〜ん♪と お山の空気を胸いっぱいに吸い込んでいるこの子

最近、ちょくちょくお目にかかる バカラちゃんです。

名前の由来は 超〜高級品のバカラグラスから取ったのではなく
血統書に 書いてあったからだとか(笑)
でも、バカラちゃんのコートの手触りは
最高級品のビロード並みですGood


IMG_7352.jpg

ママを見つめて(ホントハ オヤツ?)うるうるな瞳のバカラちゃんも
あるトラウマから ガウガウ犬になってしまい
バカラちゃん以上に ママが そのトラウマの呪縛から逃れられず
なかなか お友達が出来なかったそうです。

Spaと始めて会った時も
バカラちゃんのママは 避けるようにされていたし

二度目に会った時も
なんとなく 近付いてはいけない雰囲気の子でした。

それから しつけ教室で 会うことが重なって
なんとな〜く どちらからともなく 接近するようになって・・・

だけど バカラちゃんのガウガウは 強烈でどんっ(衝撃)
Spaも 何度か ガガガっと 応戦することがありました。

そんな時でも 私は Spaの性格が分かっているから
それほど驚きもしないし ビビリもしないし
次に会えば また こんにちは〜犬(笑)&ガウガウむかっ(怒り)の繰り返し

それでも、そのうち 折り合いがつくだろうと思っていたら
案の定・・・ふたりは ちゃんと お互いの距離が分かってきて
バカラちゃんとSpaなりの 折り合い点が見つかったようでした。


ふたりは 一緒に仲良く遊ぶ訳ではないけれど
一緒の空間に 一緒に居られるようになっただけでも
それは、それは、素晴らしい事です。

一緒に琵琶湖に行ったり
一緒に山登りしたり
一緒に川原をお散歩したり
IMG_7457.jpg

今でも 時々 バカラちゃんにガウられますが
Spaは 横っ飛びで かわすようになりました(笑)
偶には Spaも応戦する時があるけど リクリエーションみたいなもん
バカラちゃんのママも 私も ちっとも気にせず
笑って見ていられます。


バカラちゃんと歩いていると よく
「なんという犬種ですか?」
って 聞かれます。
バカラちゃんのママは 
「テリアです」って 省略して答えてますけど
私は 心の中で
「アメリカン・スタッフォード・シャー・テリア」
って 言うてます。

アメリカンスタッフォードシャーテリアは
AKCではコンパニオンアニマルとして1936年に正式に登録されました!
もともとは、イギリスのスタッフォードシャーテリア(牛追いや闘犬用)が
アメリカに渡って闘犬の資質を排除するため、
優性交配を繰り返し、人にも子供にも安全で
フレンドリーな気質をもつスタッフォードシャーテリアを作出していきました。
同時に大型化され、もともとのスタッフォードシャーテリアと区別するためにも、
正式にAKCが認めアメリカンスタッフォードシャーテリアと名ずけられました。
犬種的には1900年以前に、原型は出来ていたと云われてます。
ラブには負けるけど、100年ぐらいは歴史があるんですよぉ〜



「ピットブルですか?」と 間違われる事も多いそうですが

アメリカンピットブルテリアは闘犬用です。
日本のピットはアムスタッフのハーフやクォーターが多いそうです。
もちろん、バリバリピットもいますけど〜
両方飼ったことがある、飼い主さん曰く、似て非なるものだそうです!
体格的にもピットの方が犬歯も尻尾も胴も長いし
レッドノーズや金目の子が多く
アムスタッフは目鼻の色は、黒か茶だけです。

付け加えるなら、闘犬の名残で噛む力は1.5tとも云われ、
また、世界一の力持ちということも云われ
アムスタッフが荷車に子供たちを積んで引っ張っている古い絵があります。


IMG_7446.jpg
(この勝負は モチロン バカラちゃんの勝ち〜)



Spaの穏やかで 上手な社交のお陰で
私は お友達ができるという恩恵を いっぱい受けてきました。
もちろん、コルくんも その一人

IMG_7426.JPG

紆余曲折はあったものの
やっぱり、Spaのお陰で 仲良くさせていただいています。

そして
長い間 バカラちゃんの犬種名を覚えられずにいた私ですが

「アメリカンスタッフォードシャーテリア」

長い名前やのに よぉ〜 覚えたでしょ^^
だって、友達やもん・・・ねっわーい(嬉しい顔)






ニックネーム Spaママ at 21:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする