2009年10月21日

共鳴

水曜日は 映画館のレディースデー

今日は・・・「ヴィヨンの妻」を観て来ました。

太宰治のファンだからという訳ではなく
モントリオール世界映画祭 最優秀監督賞の肩書きに踊らされ(?)
ちょっぴり嫌がる映画友達を引きずって行ったのですが

どこがエエねんやろう???
な 映画でした(笑)

モントリオール世界映画祭の審査員って どんな人なんだろう?
この映画のストーリーを理解して
最優秀監督賞なんて賞に 選んだのかなぁ???
外国人に この映画が理解できても
日本人の私には てんで 理解できませんでしたぁ。

まぁ、自由奔放に生きる夫に つくす妻 
男の弱さを許し、すべてを包み込む妻、という図は
我が家のようでもあり(笑)
妻(松たか子)の生き方に 共鳴することは出来ないけれど
ある意味、理解することは出来ました。

ただ〜 ちょっとねぇ〜〜バッド(下向き矢印)

これだったら
私の中のあなた」 の方が 共鳴できました。

映画としては まぁまぁ、そこそこ、な感じでしたけど
娘を思う母(キャメロン・ディアス)の気持ちは よく分かりました。



共鳴といえば こちら↓

我が家の近くに 自治会館があって
一日に3回 時報のチャイムが鳴ります。

我が家のお嬢さんは そのチャイムの音に共鳴して





チャイムが鳴る前に コクンと首をかしげ
鳴り終わった後に 「どやった?」みたいな顔で 振り向くところを
よ〜く 見ててくださいね

Bad


ご覧のように「遠吠え」しますぅ犬(笑)

これぞ、まさしく 共鳴ですネ




 

ニックネーム Spaママ at 20:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする