2009年04月14日

4月12日 競技会

4月12日(日)GRTA 富士見高原にて


前日(土曜日)の深夜11時に出発
今回、パパはお留守番で Chiyoさんペアと同行することになり
深夜の高速を Chiyoさんの運転で快調〜に ぶっ飛ばし
 (私は寝てたんだけど^^; たぶん、ぶっ飛ばしていたと思います)
翌日早朝 4時に 目的の道の駅に到着
通常8550円かかる高速料金が 土日定額割引のお陰で 1850円
この時ばかりは 麻生政権のお陰〜♪と 嬉しくなっちゃいました。

道の駅は 駐車スペースが半分ほどはうまっているほど 車の量が多い。
いつもの土曜日の3倍くらいは 停まっていたと思います。
気候がいいせいもあるでしょうけど、やっぱり、ETC割引の効果かしら。

車内で 2〜3時間の仮眠を取って いざ!競技場へ〜

DSCF4092.jpg


お天気は快晴晴れ
空は青く 大地は広く 高原の朝の風は心地よく
最高〜に素晴らしい条件で 競技会は 始まりました。

DSCF4087.jpg



競技が始まる前に Spaとのコミュニケーション

このときは 今日、起こる全てがうまくいくぴかぴか(新しい)と 信じていました。
ダミーへの意欲が悪いのも 走りが鈍いのも まぁまぁ いつもどおり。
さほど、恐れることでもないと思っていたし
1ヶ月間、モチベーションの上げ方は(自分なりに)工夫してきた自信があったし
今までやってきた練習が 間違いではなかった事は 前回の朝霧で証明済み!と思っていました。


ノービスの競技中 Spaは車で待機。
前回同様、慣れた車内でゆっくり休ませて、競技前に開放。

ボール投げでも、1投目が一番スピードが出るように
ダミー回収だって、1回目が一番スピードが上がるので 
直前に開放して、モチベーションの確認作業と おちっこ(笑)をして

1種目目の 「50mブッシュ」から

「マーク」の声と共に ブッシュに投げ込まれたダミーを取りに行くという作業。

Spaは 真っ直ぐに走って 小さくダミーを咥えて まっすぐに戻ってきたClap

スピードはないけれど、真っ直ぐに進み、真っ直ぐに帰ってくる。
ちゃんと、練習通りのことができて、100点満点かわいい
ママの笑顔も 100%でしたわーい(嬉しい顔)


DSCF4102.jpg
さぁ〜 次も 頑張っていこうね〜


次は 「50mダブル 指示あり

左右に2本投げられたダミーの内、1投目から 回収してきます。
制限時間は 2分40秒だったのが、今回は 2分10秒ですとの説明があり
この時は ふ〜ん、そんなの関係ないわ。。。くらいに聞いていました。

今回の回収は 左側から、
(これは、スタートの指示が出しやすいので、ラッキー手(チョキ)
左側はブッシュなので ブッシュ添いに走れば真っ直ぐダミーにたどりつける。
Spaは 指示通り 真っ直ぐに走り出し・・・あれ?

30m付近で 犬(泣)「あれ?ダミーがないです」と言わんばかりに
急角度で向きをかえ 
2投目のダミー(右側)に向かって 走りだした。

思いっきりストップホイッスルを吹いて Spaを止め(止まった!
「レフト」の指示
Spaは右側のダミーを気にしながらも 左側に走ってくれた(行った!

一旦は 左側に行ったものの、ダミーが見えないらしく 又 右のダミーに向かって走り出す。
ちっ(怒った顔)「ダメーーー!」と言わんばかりに ストップホイッスルを吹き Spaを止める(止まった!
「レフト」の指示を出すものの、Spaの動きが迷いだしてしまったので
一旦、呼び戻して(戻ってきた〜
スタートラインから 再び 「Get on!」

今度は ブッシュに沿って真っ直ぐに走り 指示したダミーを持ってきた!(よぉ〜やった!

すぐさま、右側のダミーへ送り出す。
ちゃんとマークできているようで、一目散でダミーへ向かい 
ダミーを咥え 戻ってくる。
DSCF4108.JPG


一生懸命に走るSpa
あと、10m・・・あと5m・・・もうすぐ手が届きそうなその時
タイムオーバーです」の声(ガーンがく〜(落胆した顔)

だけど、私は しっかりとダミーを受け取ってDSCF4109.JPG
高々と手を上げた!
Spaが こんなに一生懸命にやってくれたのに
途中でやめるなんて出来なかったから・・・

悔しかったぁーーー顔(え〜ん)
Spaが あんなに頑張ってくれたのに タイムオーバーだなんてぇ〜
2分10秒の壁が こんなところで 立ちはだかるなんて 思ってもみなかった(涙)



この日は快晴晴れ 時間は昼前
この頃から 気温がどんどん上昇し 日向にいると 暑い
黒い子犬(笑)たちは みんな 暑さで ハァハァし出した。
もれなくSpaも 暑さで ダラ〜〜〜バッド(下向き矢印)
暑さしのぎに 藪の中の木陰に逃げ込んだけれど
さっきの悔しさからは 逃げられなかったバッド(下向き矢印)



3種目目「ブラインド

IMG_9608-1.JPG 左click

30m先の小山を上ると、山の向こう側にダミーがあるという。
正面から山を上げれば(A)上からダミーが見えるらしい。

真っ直ぐに送り出し、正面突破を試みたものの
見た目以上に急な坂らしく 迂回コース(B)を Spaが上った
(この後のほとんどの子が 迂回して上っていたので 
  正面突破は やはり 難しいコースだったのかも)

でも、まぁ、上がったんだから そのまま進めば 向こう側に行くだろうと思っていたのに
あれれ〜〜〜顔(え〜ん) 向こう側に降りずに こっちに降りて来ちゃったぁ(ガックシ

だったら・・・
Cコースのように 山を右回りして 後方から取りに行けばいいじゃん!
と思ったのは後の祭り

もっと、最初から コースを選ぶべきだった・・・
完全に私のミスです。

結局 見つけられずにタイムアウトだったんだけど
制限時間の2分間、Spaの集中が切れることなく、一生懸命に探してくれた。

その時は めっちゃガッカリで 
落ち着いた今だからこそ言えるんだけど
ママの指示を聞こうとしてくれてて 一生懸命に探してくれてて 
とっても成長したSpaの姿がビデオに残ってて
・・・これでいいやん♪と思えることができました。

ただ。。。やっぱり。。。ビデオには。。。
肩を落とした私の姿が映ってました。。。(いかん!


この頃 暑さはピークに・・・
藪の中に逃げ込むものの ガッカリの影は引きずってしまったのでしょうか。。。

4種目目の「100mシングル

暑い!ダラケル!・・・それでも なんとかモチベーションを上げようと
アノ手、コノ手でやってみた(つもり
超〜豪華オヤツもチラつかせ・・・頼むから走ってや〜〜〜


・・・の願いも空しくバッド(下向き矢印)


走らない! 5m ・・・ バックの指示で先へ進める
何とか進んで 10m
ダメだ!!!! 全く! 完全に! 走らないもうやだ〜(悲しい顔)

私の指示に抵抗するように 草の匂いを嗅ぎだした・・・(あかん!)
これ以上やらせてはいけないと思い 棄権した。
やめます」と告げたとき・・・心が折れる音がした。


なんでぇ。。。。。。。。。。。。。。。。なんで走らないの?
を抱えて 二日間過ごし
今は いろ〜〜〜んな理由を見つけた。

だから・・・次の競技会までの1ヶ月間で いろ〜〜〜んな理由を 片っ端から やっつけてみる。

Spaにとっては「そんなこと ちゃうねん犬(怒)」な事かも知れないけど
思いついた限りのことは やってみたい。
心は折れたけど 添え木になってくれる友達がいる。


IMG_9669.JPG
いつかは ボールじゃなく 
ダミーを咥えたコノ笑顔が見たい!


それまでは やめへんで〜手(グー)

ニックネーム Spaママ at 14:23| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする