2009年01月16日

健康で・・・

私事ですが・・・って いつだって 私事なのですが(笑)

昨年、Spaパパは 心臓の異常な痛みを自覚し
クリスマスに入院し カテーテル検査を受け
coronary1.gif 
右冠動脈が詰まっていることが見つかりました。

簡単に言えば・・・心臓 悪いねん。 狭心症やねん。ってことですねぇ〜

  えーーっ!がく〜(落胆した顔)

  Spaパパって バイクで初日の出を見に行ってたんじゃなかったぁ〜
  雪の中で Spaちゃんと 遊んでなかったぁ〜

  と 驚かれる方も多いでしょうが・・・って ダレでも驚くっちゅーねん。


数年前から
心臓を鷲掴みにされるような痛みはあったらしいのですが
詰まったのが3年前なのか? 数日前なのかは 分からないので
その間 とりあえずは生きてきたので
差し迫って どーこーなることもないかもしれないけどわからん状態だったので
治療に入るまでは いたって いつも通りにしていたって事です。

それにしたって〜 普通〜 大人しくしてるでしょう〜って 言われますが
まったく・・・ほんま・・おっしゃる通り

普通なら 入院の前日には 早めに帰宅して 安静にしてますよねぇ。
まぁ、確かに 早めには帰宅したのですが
車を置きに帰っただけで、再び お酒の席へと出かけて行き
カラオケカラオケにまで行って 帰ってきたのは 夜中の1時過ぎ。
気温が-0度近くになる夜道を帰ってきたという 大ばか者ですちっ(怒った顔)


そんな大ばか者のSpaパパですが〜 
とりあえず 定年までは元気でいてもらわないと困るので(笑)
カテーテルによる治療をお願いしました。 

カテーテル療法とは、局所麻酔で手や足の血管から心臓の冠動脈まで管を入れて、
狭くなっている部分を風船のようなもので膨らませたり、
金属の筒で広げたりする治療です。
Spaパパの場合は 「ステント」という 金属を入れ血管を広げる治療を選択
しましたが
成功の確率は五分五分と言われていました。
 まぁ〜 お医者様は100%とは仰らないものね顔(ペロッ)


で、その治療が 15日に行われ 無事に 生還してまいりました。

治療が終わり 担当の先生が 小走りにやって来られ
「今 いいですか〜〜」と 聞かれ
     (いいも悪いも 待ってたっちゅーねん)

開口一番
「いや〜 心臓が止まりましてねぇ〜」
 
        はぁ?

「電気ショックで ヤケドの後が 残るかもしれないんですよぉ」

        は・・はい・・・

「電気ショックを当てた所が 水ぶくれのようになって痛いと思うので
 塗り薬を出しておきましたから・・・・・・・・」

  
        あ・・あのぉ・・・問題は そこですかぁ?


「あ!血管ね・・・血管は貫通しましたから 大丈夫です」


        あ〜 よかった〜〜 

「ただ 心臓が止まったのでねぇ・・・・・・・」

     
        そ・・そうよ・・・それよ・・・それ!
        そこが大事なとこじゃない!
        ま!待ってください・・・息子も呼んで来ますので!


パソコンのモニターに映った心臓の映像を見ながら 説明していただいたところ
施術前は 完全に詰まっていた血管が広がり
ちゃんと 血液が流れているのが確認できました。

問題の心臓が停止したというのは
針金で 血管を探り当てた時から 血液が 勢いよく流れ出します。
その後 風船で血管を膨らませると もっと 勢いよく血液が流れ出し
血管としての役目が復活しました。
その次の瞬間、膨らんだ風船によって 一瞬 血管がふさがれてしまい
血液が流れなくなり 不整脈が起こり 心臓停止に陥ったようです。


その時 Spaパパは 規則正しく聞こえていた心臓の電子音が 

ピ・ピ・ピ・・・ピー・・・・ ピー・・・・ ピどんっ(衝撃)となった瞬間に
真っ暗になって 何も見えなくなったそうです。


確かに 電子音が乱れたのを聞いていたので

「あれ〜〜おかしいんちゃう?」

「これが死ぬ瞬間やねんなぁ」と 思った瞬間に意識がなくなったそうですが

三途の川も見えなかったし 誰も迎えには来なかったそうで
何も見えなかったことを残念がっていました(笑)


心臓が停止していたのは30秒ほどだったそうですが

「○○さぁーーーん!」と呼ぶ先生や 看護士さんの声を聞いた時には

あ・・・生き返った! と 思ったそうです。

(ちぇっ顔(チラッ) 蘇りよったぁ〜 (笑))



そんなこんなで 驚きのハプニングはありましたが
(担当医として 3人目だったと仰ってました)
(多いのか?少ないのか? よく分かりませんが・・・あせあせ(飛び散る汗)

無事に生還し 治療も成功し もう大丈夫☆元気にしております。

ブログに病気の事を書くのはどうかと思いましたが
本人が書いてもいい(書いて欲しい)と申しましたし
記録になるかな・・と思い 書かせていただきました。
本当に もう 心配することはなくなりましたのでご安心ください。




ニックネーム Spaママ at 23:01| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする